脳を若返らせる秘密!

2015年、ピッツバーグ大学とイリノイ大学の合同チームは、
無作為に選んだ120人の高齢者に対して、中程度の負荷をもったウォーキング運動を1年間続けさせた結果、負荷運動をさせなかったグループに対して記憶や学習を司る脳機能の体積が劇的に増加することを明らかにしました。

2017年ブリティッシュコロンビア大学(UBC)で脳の研究

2017年、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)で脳の研究をしているララ・ボイド博士(Dr. Lara Boyd)は、MRIなどを使った最新の脳神経生理学研究の進歩により、思春期を過ぎると加齢や脳卒中などの後に残る損傷によって脳の神経細胞が減少してゆくというこれまでの定説が間違っていたと述べています。
http://www.ted-ja.com/2017/04/konojiang-yan-de-anatanonoy-habian-waru.html
脳の神経細胞を増やすのに効果があるのが運動であると主張するのは、ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士です。博士は「運動した際に脳内で分泌される、脳由来神経栄養因子(BDNF)という物質が脳の神経細胞・ニューロンや、脳に栄養を送る血管の形成を促すことが明らかになった」と述べています。

▲ページトップに戻る