日常動作をスムーズに!

筋力増強を行うときに、一般的に3か月くらいのトレーニングが必要と言われています。
それと比べ、運動神経が不活性という状態は、脳から指令を送ることで即座に復活することもあります。
高齢者の筋力低下や立ち上がりのしにくさ、立位バランス低下などは、単に神経が筋肉に届いていないだけというケースが多いのです。

神経を意識して使わせるだけで、働く筋線維の量は大幅に増えるので、即時効果が期待できます。つまり、即時効果が出るということは、普段使っていなかった筋肉を働かせれば、筋力やパフォーマンスがアップするだろうという予測が立ちますので、日常の動作もスムーズになります。
高齢者や生活不活性な方は、筋力低下と運動神経が使えていない場合があり、早い方で一か月ほど運動すると筋力の向上が見られる場合が多くあります。

▲ページトップに戻る