関節を支える力をつけよう

店長の永田です。
暖かくなったり、また寒くなったり寒暖の差が激しく体調管理には大変な季節。この時期、腰や膝が痛いと感じている方がとても多いですね。関節は運動器と言い、骨、関節、筋肉の結合組織であります。特に男性は腰、女性は膝と肩の凝りの悩みを言っておられる方が大変多いですね。関節には常に大きな力がかかっていて関節を支える力が弱くなると、関節が支えられなくなって痛みが発症する。国民の8割が腰痛ともいわれています。運動器はまた関節を支える力をつけることで関節の痛みもなくなることも可能です。マッサージや薬で痛みを一時的に取り除いても根本の筋力を鍛える事を忘れないように身体をケアしてください。重いマシンのウエイトを使わなくても自分の体重と持っている筋力で関節を支える力をつけることは十分可能です。いまさら筋力はつかないとあきらめている方、年齢に関係なく筋力はつくので安心してください!

記事一覧へ

▲ページトップに戻る