股関節を柔軟にしよう! 腸腰筋を鍛える

こんにちは!スタッフの森本です(^^♪
まだまだ暑い日が続きますね💦健康管理に気を付けて、元気な毎日を過ごしていきましょう(^^)/

今日は腸腰筋を鍛えて、股関節を柔らかくしていきましょう!
よく聞く腸腰筋とは?


腸腰筋とは、背骨、骨盤大腿骨をつなぐ筋肉で、大腰筋と腸骨筋2つの筋肉の総称を指します。
腸腰筋の一番の役割として、背骨と骨盤をつなぐことで姿勢を安定させる役割を担います。
腸腰筋をストレッチして鍛えていくことで、股関節が柔軟になり、股関節痛や、腰痛や肩こりの軽減にもつながります。

それでは、ストレッチと筋トレの方法をご紹介していきます。

【腸腰筋のストレッチ】
イス半分に座り、右足を引く。右手を上に上げて体を横へ倒す。太ももの前部分から脇腹にかけて伸ばす。
これを両足で行う。
(10秒×2セット)


【腸腰筋の筋トレ ランジ】
左足を前に出し、太ももを床と平行に出す。膝が前に出ないように注意する。右太ももは床に対して垂直に。太もも、お尻、腸腰筋の部分に負荷がかかり、筋トレになります。
これを両足交互に出して、10回行う。
(10回×3セット)


急に大きく伸ばすと危険ですので、ゆっくりと無理のない範囲で行ってください。
毎日続けると身体の変化を感じることができると思います(#^^#)



記事一覧へ

▲ページトップに戻る