呼吸の仕方で、ストレッチの効果が変わる!!

こんにちは♪スタッフの森本です!(^^)!
熱帯夜が続く毎日、まだまだ暑いですが身体の調子を整えていきましょう。

グットネスでも毎回行うストレッチ、呼吸の仕方に気を付けるだけで、その効果も変わってきます。
今日は呼吸の仕方に気を付けながら、ストレッチを行いましょう!

柔軟性を高めるためには、呼吸の仕方はポイントになってきます。腹式呼吸で、ゆっくり吸って大きく長く吐くというのがストレッチをする上で効果的だと言えます。

腹式呼吸は背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。このとき、おへその下あたりに空気を貯めていくイメージでおなかをふくらませます。
つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出しきるように、そして、吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。

〈呼吸筋を動かすストレッチ〉
最初に息を吐き切ります。胸を拡げながら息を吸い込んでいきます。これを交互に繰り返します。


〈背筋を伸ばすストレッチ〉
手を頭の上で組み、息を吐きながらゆっくりと伸ばしていきます。無理に伸ばさないようにしましょう。


〈背中を延ばすストレッチ〉
胸の前で手を組み、息を吸いながら背中を丸め腕を前に出していきます。おへそをのぞき込むような形を作っていきます。息を吐きながら、元に戻します。


呼吸の仕方を意識しながら行ってみて下さい...

記事一覧へ

▲ページトップに戻る