足のトラブル予防

こんにちは店長の永田です。
朝夕がずいぶん涼しくなりました。
服装も長袖を着る季節になりましたね
さて、今日は『足のトラブル予防』についてお話したいと思います。

多くのお客様に足(くるぶしから下)の不調を抱えている方が
多くおられます。「歩き初めに足の裏が痛む」「親指の付け根が痛い」
「同じ個所に魚の目ができる」など様々です。

原因の多くが二足歩行するヒトの足に特有のアーチ構造の崩れが関係
しています。

このアーチ構造の骨は筋肉や腱に支えられて形づくっている。
この構造で体重をクッションのように受け止めて
蹴りだす力も生み出して効率よく歩ける。

このアーチが加齢や運動不足で潰れ始めることが
足の不調をもたらす。例えば、親指が外に向かう外反拇指。
特に、関節の柔らかい女性が発症しやすいと言われています。

このアーチ構造はふくらはぎや脛の筋肉によって支えられています。
予防するには足の裏を伸ばすストレッチ
グットネス体操 足底筋ストレッチ


グットネス体操
ふくらはぎの筋肉を鍛える踵上げ運動を行ってください。



今すでにトラブルを抱えている方も
今以上に外反拇指が進行しないように運動を取り入れて
ください。

記事一覧へ

▲ページトップに戻る