• 脳の活性化
  • 転倒予防

グット脳トレステップ

体力増進と悩の活性化を図ります

脳トレステップ

脳トレステップ

音楽と優しい運動を結びつけたエクササイズとステップを踏みながらと脳を同時に使う運動を取り入れて悩の活性化を図ります。
脳トレの運動は転倒予防につながる効果があります。筋トレやウォーキングだけでは転倒予防は不十分で脳を使うこととカラダを動かす事を同時に行う脳トレが転倒予防につながる効果があります。

1・事前評価

まずは事前評価。カラダの変化は筑波大学監修のもとソニーが開発した測定器で、認知機能、注意力、筋力、持久力、協調性、敏捷性の6項目を評価します。
ソニー製のウエアブル端末で日常記録データ、食事、睡眠、歩数の記録。日常の活動を振り返ることができます。

2・毎回のレッスン時は血圧や身体の評価をして運動スタート

身体の痛みや身体の動きがスムーズでない箇所を把握しながら運動を進めていきます。もし動作が上手くできない動きなどがあれば可能か動きで運動を提案しています。

3・準備運動からスタート

1まずは呼吸筋の運動から
 呼吸筋は声を出すことや身体の動きと深呼吸を交えた動作で 酸素を取り込む力をトレーニングします。
2ストレッチ
 ストレッチは凝り固まった筋肉をほぐし、柔らかくします。 筋肉が柔らかくなることでカラダがスムーズに動けるように なります。また血流も良くなりますので、肩こり腰痛の改善 にも効果があります。

4・脳活トレーニング

悩活トレーンは身体を動かす事と脳を使うこと同時に行うことで、脳が活性されます。記憶力の向上などの効果があります。また、転倒予防効果もございます。


脳トレ後は
筋力トレーニングを行います。
スクワット(脚) クランチ(腹筋)など身体を支える大切な筋肉トレーニング

トレーニング:01グット脳トレステップ

トレーニング:02グット柔軟ストレッチ

トレーニング:03グット筋トレ下半身

トレーニング:04グット筋トレ上半身

▲ページトップに戻る